最新ニュース

強制徴用工問題

https://www.asahi.com/articles/ASLBX5V5VLBXUHBI01N.html

 

日本政府は、元徴用工の補償問題は1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決済み」との立場を取る。

個人補償については、wikiによると、

韓国が日韓交渉中に主張した対日債権(韓国人となった朝鮮人の日本軍人軍属、官吏の未払い給与、恩給、その他接収財産など)に対して日本政府は、「韓国側からの徴用者名簿等の資料提出を条件に個別償還を行う」と提案したが、韓国政府は「個人への補償は韓国政府が行うので日本は韓国政府へ一括して支払って欲しい」とし、現金合計21億ドルと各種現物返還を請求した[要出典]。次の日韓交渉で日本は韓国政府へ一括支払いは承諾したが21億ドルと各種現物返還は拒否し、その後、請求額に関しては韓国が妥協して、日本は「独立祝賀金」と「発展途上国支援」として無償3億ドル、有償2億ドル、民間借款3億ドルの供与及び融資を行った。

この時、韓国政府はこの供与及び融資を日本に対して債権を有する個々人にはほとんど支給せず、自国の経済基盤整備の為に使用した。現在この点を批判する運動が韓国で起きている。また、交渉過程で、日本が朝鮮を統治している時代に朝鮮半島に残した53億ドル分の資産は、朝鮮半島を占領した米ソによってすでに接収されていることが判明して[21][注釈 2]おり、この返還についても論点のひとつであった。交渉過程ではこれら日本人の個人資産や国有資産の返還についての言及も日本側からなされたが、最終的に日本はこれらの請求権を放棄した。

財産及び請求権に関する協定[編集]

最終的に両国は、協定の題名を「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」とした。この協定において日本は韓国に対し、朝鮮に投資した資本及び日本人の個別財産の全てを放棄するとともに、約11億ドルの無償資金と借款を援助すること、韓国は対日請求権を放棄することに合意した[26]。

  • 両締約国は、両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条(a)に規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する(個別請求権の問題解決)[要出典]。
  • 一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益において、一方の締約国及びその国民の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であって1945年8月15日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする(相手国家に対する個別請求権の放棄)。[要出典]

とある。wikiを読んでいくとどんどん韓国がひどい国だと思えてくる。自分的にまとめると、

①韓国も戦勝国として扱い、日本に個人や国家賠償をさせろ!

②韓国が、思い上がった雲の上から降りて来ない限り解決はあり得ない。 by 日本

③韓国人の気質について「強き者には屈し、弱き者には横暴」⇒話進まない。

④何とか締結。いくつかの問題は棚上げ。

⑤支払い決定

  • 3億ドル相当の生産物及び役務 無償(1965年)(当時1ドル=約360円)
  • 2億ドル 円有償金(1965年)
  • 3億ドル以上 民間借款(1965年)

計約11億ドルにものぼるものであった。なお、当時の韓国の国家予算は3.5億ドル、日本の外貨準備額は18億ドル程度であった。

医療費のムダ

医療費の高騰により国民会保険制度の破綻が叫ばれてもうずいぶんと経つ。国は医療費の値上げや支出の抑制に腐心し財政引き締めに躍起だが医療費は高止まりしたままだ。

つい先日、何気なくテレビを見ていると、主に乾燥肌に使用する「ヒルドイドクリーム」の医療外使用が問題となっているという特集があった。何でも、ヒルドイドには美容効果があるらしく、また、保険適用により、安く手に入るとのことで、市販のクリームではなくこちらを使用する人が多いという。

実はこの話、ずっと前から問題となっており、ほんの1年前にも指摘され厚生省まであがり問題提議されたにも関わらず、医者や患者団体からの物言いで、何の改善事項もなく話はなくなったという経緯があった。

しかしだ。それでも再度取り上げられたヒルドイド問題。なぜ反対圧力の強い医師団体に潰された問題なのに、再提議されたのか?

それは、医療費の高騰に歯止めが利かないからだと自分は考えている。医療は、削ろうとして安易に削れる問題ではない。数年前に某局のアナウンサーがSNS上で、透析医療について問題提議したことがあったが、彼はそれが元で職を失い、さらに日本中から激しいバッシングを受けた。その結末を見て、私は、医療改革は10年以上遅れると思った。そして、医療・社会福祉関連費は強固な聖域となったと感じた。

話を戻そう。医療費はそもそも全国民が支払い義務があり、逃れることができないものだ。不足分は国庫からの支払いとなる。すでに我々が支払っている以上の金額が不足しているのだ。「あれだけたくさん毎月払っているのに?」「病院なんてほとんど行かないのに?」などと思う人は実は多いと思う。自分のその一人だ。足りないのは医療費を使いすぎるからだ!と結論はすぐに出るだろう。では、誰が?となるが私が考えたいのは、個人の誰ではなく、医療の誰?なのだ。医療費は先述の通り全員が負担し国庫からも支出される。不足なら、不足分を補ってくれるのだ。国が。つまり、医療費は、無尽蔵の金脈と捉えることができる。医療機関は、正当な事由があればその分を診療報酬として請求できる。ヒルドイドが問題になったのもそこだ。患者が乾燥肌だと言えば、医師は安易に処方する。病院には調剤料や処方料が入り、売り上げに寄与する。ヒルドイドクリームは、原価は1110円だが、保険適用で330円の安価で医療用という箔付であるため人気だが、差額を埋めているのは我々が納めている税金だ。ひどいところでは、1回の診察で50本のヒルドイドクリームを処方する所もあるという。

このような事例は、細々といくらでもある。医療業界は、何を名目に診療報酬を取るかが命であり、不要な処方以外にも検査や退院支援や認知症加算など、普段あまり聞きなれないものでも点数を取り売り上げを伸ばそうとする。

医療費高騰の問題は、医療業界の体質が問題であるのだ。

不妊クリニック

つい先日の出来事。
嫁様のかねてからの強い希望で、不妊治療クリニックへ行くことへなりました。
嫁様は、子供がなんとしても欲しい。
自分は、欲しいけど、出来なければそれでも仕方なし。・・・という考え方。

考え方の違いから、何度も喧嘩がありました。検査は、女性の方が身体的、精神的苦痛が強いと聞いていますが、男性についても、プライドから精神的苦痛は大きいと思います。男性にとっては、最大級のハラスメントとさえ思います。
なので、頑なに拒み続けてきましたが、先述の通り遂にクリニックの門をくぐった次第です。

やったことは、下半身を出して、金玉の弾力と腫瘍の有無や、精管の通り道を調べられ、エコーにより内部も確認されました。先生は男性でした。若いジョイが良かったです。そして、カップを渡され、精子を出せといわれました。

 

個室へ案内され、シコシコせずにはいられないビデオ作品が5本並べられていました。部屋にはヘッドホンがありました。

<img data-attachment-id="1049" data-permalink="http://beeta.xsrv.jp/blog/blog/life/%e4%b8%8d%e5%a6%8a%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af/attachment/2018-10-11-18-26-58-984/" data-orig-file="http://beeta.xsrv.jp/wp-content/uploads/2018/10/2018-10-11-18-26-58-984.jpg" data-orig-size="1944,2592" data-comments-opened="0" data-image-meta="{"aperture":"0","credit":"","camera":"Nexus 7","caption":"","created_timestamp":"1539282415","copyright":"","focal_length":"2.95","iso":"263","shutter_speed":"30","title":"","orientation":"1"}" data-image-title="2018-10-11-18-26-58-984" data-image-description data-medium-file="http://beeta.xsrv.jp/wp-content/uploads/2018/10/2018-10-11-18-26-58-984-225x300.jpg" data-large-file="http://beeta.xsrv.jp/wp-content/uploads/2018/10/2018-10-11-18-26-58-984-768x1024.jpg" class="alignleft size-thumbnail wp-image-1049 jetpack-lazy-image" src="http://beeta.xsrv.jp/wp-content/uploads/2018/10/2018-10-11-18-26-58-984-150x150.jpg" alt width="150"